高校生が対象の家庭教師:今日から家庭教師

高校生が対象の家庭教師

家庭教師に習いたい
TOP > 高校生が対象の家庭教師

高校生が対象の家庭教師

授業の予習復習といった補講的な内容から、中間試験や期末試験といった定期試験に的を絞った対策などのほか、大学受験対策としての授業を受けることもできます。
また、苦手科目の克服のために、特定の科目のみを教えてもらうことも可能です。

部活動や学校行事などが多くなり、自分から勉強時間を取ることが難しくなりますが、家庭教師であれば生徒に合わせて勉強時間を取ることができるため、勉強する習慣が付きやすくなります。

高校生が家庭教師を利用する例

苦手な科目などを補う

遅れをとらないために

高校生の授業では教科書の厚みが一段と増し、内容も複雑になります。一度どこかでつまずくと学習内容の進捗で大きな後れを取ることになりかねません。

もし遅れが出てしまったとしても、マンツーマンで勉強を見てもらえる家庭教師であれば、つまずいた部分を集中的に学び直してすみやかに遅れを取り戻すことができます。

また、大手の家庭教師センターや斡旋業者では「赤点対策」や「進級対策」などといった、既に遅れてしまっている生徒向けのコースを持つところもあります。

定期試験対策

大学進学への影響も

高校での中間試験や期末試験といった「定期試験」の成績は、主要科目の評価に直結するだけでなく、大学進学の際に推薦入試を選んだ場合の評価基準ともなる重要なものとなります。

多くの家庭教師センターや斡旋業者では定期試験に軸足を置いたコースを設定して力を入れている分野です。
大学受験を長期的に見た場合にも、1年生などの早い時点から家庭教師から習うことによる定期試験対策は重要な意味を持つかもしれません。

大学受験対策

推薦入試対策も

勉強する高校生にとって大学受験は重要な関心事だと思います。高校生は勉強をしながら常に大学入試に事が頭にあるのではないでしょうか。
とはいえ、高校の授業だけでは補えない「試験勉強」も自分一人ではなかなかとりくみにくかったり、具体的な取り組み方が分からなかったり、モチベーションが保てなかったりしがちです。家庭教師から習うことで、学習のペースを保ったりできるだけでなく、試験科目に絞った勉強をすることができます。

多くの家庭教師センターや斡旋業者では大学受験に的を絞ったコースの設定があり、また、大学別の対策ノウハウを持つ家庭教師センターも多くあります。
推薦入試対策を主としたコースを持つ家庭教師センターも大手を中心にありますので、相談してみるといいでしょう。

高校生が対象の家庭教師

家庭教師センターや家庭教師斡旋業者は地域に根差した小規模なものから全国展開する大手まで、さまざまなセンターや業者が存在しますが、そのなかから、高校生向けの家庭教師を派遣する家庭教師センターをいくつかご紹介します。

家庭教師のガンバ

家庭教師のガンバは、東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城に家庭教師を派遣していて、高校1年生から3年生の受験に対応した家庭教師まで派遣しています。

ガンバの家庭教師は10万人以上で首都圏トップクラスの登録数で、国公立大や早慶上智をはじめ六大学などの現役大学生がメインで集まっています。

お子さんのやる気や成績に大きな影響を与える要因の1つに家庭教師との相性がありますが、数の登録者の中から、「女性の先生がいい」、「楽しいお兄さんみたいなタイプ」、「数学に強い人」などはもちろん、「サッカー好きの先生がいい」や「NARUTOファンの人」など、趣味に関するご希望もお伺いし、“相性”にトコトンこだわって派遣する家庭教師を選考しています。

家庭教師のノーバス

家庭教師のノーバスは、東京 神奈川 埼玉 千葉 栃木に家庭教師を派遣していて、通常の中学生コースのなかに苦手科目克服コース、内申点対策コース、進学塾フォローコースなどのコースがあり、これらの他にも、高校受験生コースなどのさまざまなコースを持ちます。

高校生コースでは、生徒の高校生活をより楽しく充実したものにするため、学習面を完全サポートしています。
1人ひとりの目標はさまざま。苦手も得意も様々。学校によって授業の内容や進度も様々。目標達成に必要な学習を効率的に進めるために、1人ひとりに専用のカリキュラムがあります。

苦手科目特訓コースなどのほかに、志望校の系統別にコース分けのある大学受験コースもあります。