家庭教師のガンバ:今日から家庭教師

家庭教師のガンバ

家庭教師に習いたい
TOP > 家庭教師のガンバ

家庭教師のガンバ

東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城に家庭教師を派遣

家庭教師のガンバは、東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城に家庭教師を派遣していて、小学生以外に中学生、高校生、不登校児などへの家庭教師派遣をしています。

ガンバの家庭教師は10万人以上で首都圏トップクラスの登録数で、国公立大や早慶上智をはじめ六大学などの現役大学生がメインで集まっています。

お子さんのやる気や成績に大きな影響を与える要因の1つに家庭教師との相性がありますが、数多くの登録者の中から、「女性の先生がいい」、「楽しいお兄さんみたいなタイプ」、「数学に強い人」などはもちろん、「サッカー好きの先生がいい」や「NARUTOファンの人」など、趣味に関するご希望もお伺いし、“相性”にトコトンこだわって派遣する家庭教師を選考しています。

無料体験授業も実施

実際の授業を無料で自宅で受けることの出来る無料体験授業もありますので、これまでに家庭教師を経験したこのが無い生徒でも安心して始められます。

「本気」を引き出す家庭教師

自宅で無料の体験講義

小学生の指導

小学生の苦手克服法

「分数の計算が分からない」「漢字が覚えられない」
これらは誰もが経験する“苦手信号”。始まりはちょっとしたこと。でもそのままにすると、

「算数なんてキライ」「漢字なんかキライ」
と「苦手」がドンドン進化。他の教科まで“悪影響”が出てしまうことも…。でも、“苦手”を克服できれば、それは“自信”につながります。自信も必ず進化します!苦手が出たら、自信や成績を上げるチャンスなんです!

できない根っこ”を見つけます

家庭教師のガンバでは、“1対1でじっくりとお子さんに合わせて進められる”というメリットを生かして、

勉強にはつながりがあります。わからない所だけを勉強しても“根っこ”が手つかずでは、わかった“つもり”で終わってしまい、後々またわからなくなってしまうからです。

根っこまで戻り、「わかる!」を積み上げることで少しずつ“楽しさ”や“自信”が芽生えます。小学5年生の勉強がわからない場合、基礎となる小学4年生や3年生まで戻ることも珍しくありません。

この「わかる!」をたくさん実感することで、「おもしろい」→「もっとがんばる」という成績アップのサイクルで苦手教科の勉強でも無理なく、楽しく、自信を持って進められるようになるのです。

得意と苦手をバランスよく

陸上競技なら、勉強は短距離ではなく長距離走です。せっかく少しずつ克服してきた苦手教科も時間が経てば、今までの先入観から勉強が嫌になってしまうかも知れません。

そこで、家庭教師のガンバでは、苦手教科だけに偏らないように得意教科も混ぜながら指導します。このバランスを取ることで、

その結果、得意教科と同じように“やれば出来る!”と言うやる気・自信につながり、効果的に成績を上げることができるのです。

やる気のアップや中学校の準備も

これらの他にも家庭教師のガンバでは、やる気の出ない子に対して「やる気の出るガンバ式勉強法」で指導したり、中学校の進学に不安を持つ子に「小学生の中学入学準備法」で指導したりと、幅広く対応しています。

中学生の指導

勉強の習慣づけ

「やる気が無い」ように見える子でも多くの場合は、勉強の仕方が分からないために何をしていいかわからない状態です。
やり方がわからないままでは、“習慣”もつきません、では、どんな勉強のやり方を身につければいいのでしょうか?まず重要なこととして小学校と中学校の授業の違いがあります。

中学の授業で「わからない」所をそのままにしていると、わからない所が加速度的に増えて手が付けられない状況になってしまいます。
だから、中学校では自分で予習復習をやらなければなりません。

まずは、短時間で効率的にできる自分にピッタリの『予習復習のやり方』を身につけることが何より大切なのです!

ピッタリのやり方から教えます

家庭教師のガンバでは、はじめにお子さんにピッタリの勉強のやり方を見つけます。

などを確認しながら、無理なく・無駄のないやり方を見つけます。

苦手科目の克服

きっと誰もが嫌いな苦手科目。でも、初めから苦手だった訳ではないハズです。一つひとつをちゃんと理解して進めていけば、決して苦手にはなりません。

でも、「わからない」所を「わからないまま」にすると、本当は1段ずつ無理なくステップアップ出来る勉強が2段・3段跳びとなってしまい、その科目から気持ちが離れてどんどん苦手になってしまうのです。

「できる」ところまで戻ってスタート

「できない」所を理解するには、その“根っこ”まで戻る必要があります。「どこまではわかるのか?」、「どこからわからないのか?」を見つけ、そこからやり直します。

一つひとつ「わかる」を積み重ねることで、「あっ、そうか!」「わかった!」という発見が出てくるのです。自信も生まれます!楽しくなってきます!

苦手科目を攻略するもう1つのポイント、それは得意科目と一緒に勉強することです。

明らかに苦手科目だけの勉強では「スグに飽きてしまう」「取り掛かりづらい」などのネックがあります。しかし、得意科目を混ぜながら「苦手」と「得意」をバランス良く勉強することで、お子さんの勉強への負担を減らし、集中力を維持しやすく出来るのです。

定期テスト対策や受験対策も

中学から始まる『定期テスト』。テスト範囲はとっても広く、内容も小学校より一段と難しくなってきます。中学では出来るだけ早い段階で定期テスト勉強のやり方・コツを身につけることがとても大切です。

また、高校受験に向けた対策も、時間を効率的に使った勉強法を身につけながら進めていきます。

高校生の指導

高校1年生:予習復習の習慣づけ

高校に入学すると中学校までとはたくさんの違いが出てきます。

家庭教師のガンバでは、まず最初に今までお子さんが自分なりに行ってきた勉強方法を分析し、改善や変更をすべき点を家庭教師が見つけていきます。

そのうえで、高校の授業を理解するために大切な予習復習のやり方を指導していきます。

高校2年生:効率よく苦手を克服

高校2年生になると文系・理系に分かれます。また、勉強もより深い内容で専門的になり、難しさが一段と増します。

家庭教師のガンバでは、高校2年生の間にしっかりとした学力を身につけ、3年生になって進路を決める際に少しでも選択肢の広い有利な状況を作れるようにします。

定期テストなどでわかるお子さんの学力を正確に把握し、苦手な部分をとことん指導します。

成績アップ絶対ルール

伸び悩む「冬の時代」を乗り越える

家庭教師に限らず塾でも通信教育でも同じだと思いますが、(残念ですが)成績はスグに上がるわけではありません(もちろん個人差はあります)。成績を上げるためには“ある一定期間”が必要になってしまうのです。
どうしても『努力』と『成果』は比例して欲しいと考えがちですが、実際には「頑張ってもなかなか伸びない」時期(=冬の時代)が必ずあります。

勉強の成果は、この「冬の時代」を乗り越えた後“イッキに上がってくる”のです。これは、勉強に限らず成果を上げるための“絶対ルール”と言ってもいいかも知れません。
お子さんの努力を無駄にしないためにも、

ことが大切です。

不登校のお子さん

未来の選択肢を広げるお手伝い

家庭教師のガンバでは、不登校のお子さんの現状に合わせた指導やサポート、環境づくりもきめ細かく対応し、お子さんの未来の選択肢を広げるお手伝いをしていきます。

「不登校」とひとことで言ってもきっかけはささいなことだったり、いじめのような深刻な問題の事もあります。原因も本人だけでなく学校生活や家庭の事情だったり、いろいろな要因が考えられます。

不登校はお子さんの状態によって「逃避期」「苦悶期」「休息期」「回復期」の4つの時期に分けられると言われています。
家庭教師のガンバでは、この時期から教えるという明確な基準をつくらず、お子さんの状況に合わせて、目標から具体的な勉強法までご家庭の方と相談しながら進めていきます。

大手の有名塾に限らず、塾の授業では1クラス10名~30名の集団授業をしています。そのため一人一人の生徒の成績や弱点を把握していませんから、どの子にも当てはまるような一般論的な指導やアドバイスしかできず、「一人一人の生徒に合わせた成績を上げるための具体策」はないのです。

中学受験家庭教師ドクターの指導方針のひとつは、弱点分析と弱点克服を徹底的に行うことです。中学受験家庭教師ドクターでは日能研・SAPIX・四谷大塚などの大手有名塾の指導内容などを個別に解析したうえで、塾や学校の学習と並行して、弱点となるテーマの基本原則を再学習し、確実にマスターしてもらいます。

プロの講師を長く続けていますと、「経験者にしかできないアドバイス」ができるようになります。中学受験家庭教師ドクターは「プロ家庭教師」しかいませんので専門的・技術的な相談にも対応できるプロ家庭教師が常駐しています。

母子家庭応援プラン

いろんな方面からサポートします

家庭教師という仕事を通じていろいろなご家庭とお付き合いさせて頂いてきた中で、「勉強のことはもちろん心配。他にもいろいろな悩みがある」というお声を多くいただいています。

このような場合に家庭教師のガンバでお役に立てることがあります。

コミュニケーションの架け橋

忙しいお母さんにとって「お子さんのとのコミュニケーション」はとても大事なことです。

家庭教師のガンバでは、お子さんの状況やご家庭の状況、目標や要望を十分に把握するために「指導カルテ」を作成し、それを元に家庭教師の選抜・研修を行っています。

また、お子さんの成長の様子が分かるように、家庭教師が毎月1回指導報告書を書いてご家庭の方にお渡ししています。

お母さんにお子さんの様子を伝えたり、親子だとどうしてもケンカになってしまいそうなことでも、お母さんの気持ちを代弁したりと、コミュニケーションの架け橋となります。

費用や指導日などについても

家庭教師のガンバでは「料金安心宣言」として、入会金の優遇措置などがあるガンバ応援プランをつくりました。

また、指導日や時間などについても、フレキシブルに対応しています。

ほかにも、成績の悩みや進路のご相談など、目標達成まで力になります。

無料体験授業も実施

実際の授業を無料で自宅で

家庭教師のガンバは、東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城に家庭教師を派遣していて、小学生以外に中学生、高校生、不登校児などへの家庭教師派遣をしています。

ガンバの家庭教師は10万人以上で首都圏トップクラスの登録数で、国公立大や早慶上智をはじめ六大学などの現役大学生がメインで集まっています。

お子さんのやる気や成績に大きな影響を与える要因の1つに家庭教師との相性がありますが、数多くの登録者の中から、「女性の先生がいい」、「楽しいお兄さんみたいなタイプ」、「数学に強い人」などはもちろん、「サッカー好きの先生がいい」や「NARUTOファンの人」など、趣味に関するご希望もお伺いし、“相性”にトコトンこだわって派遣する家庭教師を選考しています。

無料体験授業の申し込みや資料請求はこちらから

家庭教師のガンバ