不登校の児童生徒が対象の家庭教師:今日から家庭教師

不登校の児童生徒が対象の家庭教師

家庭教師に習いたい
TOP > 不登校の児童生徒が対象の家庭教師

不登校の児童生徒が対象の家庭教師

不登校の児童生徒でも勉強できる環境があります

平成26年度の文部科学省による調査 では、全国の小学生で約26000人、中学生で約97000人が不登校状態にあるとされます。しかし、その児童や生徒たちは勉強に対する意欲を失っていないことがほとんどです。また、学校に行きたくてもいかれない不登校の児童や生徒たちは「学校に行けても勉強についていけない」ことを心配していることも多いものです。

多くの家庭教師センターや斡旋業者では不登校の児童や生徒を対象としたコースを設けています。つまり、学校で勉強することができなくても、家庭教師を活用することで自宅で勉強をすることができ、不登校の児童や生徒でも学力を維持したり伸ばすことができます。

また、不登校の児童や生徒以外にも、ひきこもりやLD(学習障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)などの児童や生徒に対応している家庭教師センターもあります。

自宅での学習支援

学校に戻る際の不安の解消にも

不登校になるには児童や生徒それぞれに理由がありますが、勉強がしたくないからと言って不登校になることはあまりなく、不登校になっていても「勉強はしたい」と考える児童や生徒はたくさんいます。また、保護者の方も子どもが勉強ができない状況にあるというのは心配だと思います。

そこで、自宅で勉強できる家庭教師は不登校の児童や生徒にはうってつけとなります。多くの家庭教師センターや斡旋業者では不登校の児童や生徒を対象としたコースを設けていて、勉強以外の面でも配慮されることが多く、不登校訪問専門員資格や臨床心理カウンセラーの資格を持つ教師を派遣する家庭教師センターや斡旋業者もあります。

高校卒業の資格取得

将来の進学などのために

どうしても学校に行かれそうもないけれど高校卒業の資格は欲しい、とか、将来大学に入りたいから高校卒業の資格は取っておきたいという場合にも、家庭教師が役に立ちます。

高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験)、以前の大学入学資格検定(大検)は、試験を受けることで取得することができ、通常は大学の入学の際に高校を卒業したのと同等に扱われるため、入学試験を経て大学に入ることができます。
また、看護学校などの専門学校でも入学資格のひとつとして、高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験)を認めている学校がほとんどです。

高校受験対策

中学校で不登校でも高校に進学可能

不登校の生徒の場合には出席日数がごくわずかだったり、内申書の内容の見栄えが良くなかったりするため、高校への進学に不安を覚えることも多いと思います。しかし、現在は詳細に違いはあるものの、多くの高校で「自己申告書」と言われる長期欠席の理由等を書いた書類を提出すれば受験することができ、なかには受験の際にこの自己申告書を内申書の代わりとして扱う高校もあります。

不登校の生徒の高校受験を支援する家庭教師センターや斡旋業者は多く、上記の受験手続についてもサポートを受けられることがありますので、学習意欲はあるけど何らかの理由で中学校に通えない、などの場合には家庭教師を利用した高校受験を検討してみても良いのではないでしょうか。

不登校の児童生徒が対象の家庭教師

受験対策に特化した家庭教師センターなどを除き、一般的な家庭教師センターや家庭教師の斡旋業者では、不登校の児童生徒に対して家庭教師を派遣するところが多くあります。
そのなかからいくつかご紹介します。

家庭教師のガンバ

家庭教師のガンバは、東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城に家庭教師を派遣していて、不登校の児童生徒に対しても家庭教師まで派遣しています。

家庭教師のガンバでは、不登校のお子さんの現状に合わせた指導・サポート、そして環境づくりにきめ細かく対応し、お子さんの未来の選択肢を広げるお手伝いをしていきたいと考えています。

時期にはこだわらず、子供の状況に合わせて、目標から具体的な勉強法までをご家族と相談しながら勉強を進めます。
また、家庭教師のガンバでは、臨床心理カウンセラーの資格を持ったスタッフがサポートしています。

家庭教師のノーバス

家庭教師のノーバスは、東京 神奈川 埼玉 千葉 栃木に家庭教師を派遣していて、不登校の児童生徒に対応した家庭教師を派遣しています。

また、家庭教師のノーバスでは、ひきこもり、LD(学習障害)児、ADHD(注意欠陥多動性障害)、自閉症の児童生徒に対応した家庭教師も派遣しています。

家庭教師のノーバスでは、不登校の生徒の学習を適切にサポートできる教師の育成に努めています。勉強面はもちろん、どんな悩みを抱え、不登校やひきこもりになってしまったのかを理解し、生徒とよくコミュニケーションをとり、温かく励まし、褒め、認めることができる教師であることを何より重視します。