家庭教師に悩んだら:今日から家庭教師

家庭教師を頼む時に見るサイト

家庭教師に習いたい

家庭教師はいろいろあります

家庭教師を派遣する家庭教師センターにはさまざまな業者や形態があり、また、教師も家庭教師を専門職としているプロの家庭教師から学生がアルバイトで行う学生教師までさまざまです。

家庭教師センターや斡旋業者にはそのサービス内容によって分けることができ、家庭教師の派遣窓口であり指導の管理まで行うタイプ、家庭教師を派遣または紹介するのみの仲介タイプ、主に教材販売が目的のタイプ、ほかにネット上だけで家庭教師の指名や依頼ができるマッチングサイトなどがあります。
また、このほかに家庭教師個人が派遣先となるご家庭と直接交渉して家庭教師となる場合もあり、学生が知り合いから頼まれて家庭教師を行う場合がこのタイプになります。

家庭教師にはプロもいます

派遣される教師がプロの家庭教師なのかアルバイトの学生教師となるかは、家庭教師センターや斡旋業者によって異なります。
プロの家庭教師を専門に派遣や紹介をする業者や、派遣先の希望によってプロの家庭教師を派遣したり学生教師を派遣したり使い分けるケース、アルバイトの学生教師専門の業者などさまざまです。

学年や目的によるさまざまな家庭教師の例

家庭教師は各学年に応じた勉強を教えるほかに、中学受験などの具体的な目標に向かった勉強を教えたり、不登校や引きこもりの児童や生徒に勉強を教えたりサポートしたりするコースを持つ派遣業者もあります。

小学生が対象の家庭教師

苦手科目克服や勉強習慣づけなど

小学生の家庭教師については、苦手科目の克服や勉強することを習慣づけることを目的とした内容を主にしている家庭教師センターや斡旋業者が多いようです。
ただし、1対1で教わる家庭教師は多くの生徒を一度に教える塾や学校と違い、内容の柔軟性がメリットでもあります。生徒の理解度や希望によって柔軟に対応してもらってもいいでしょう。

また、中学受験に特化したコースを持つ家庭教師センターや斡旋業者もあり、そのような場合多くはプロの家庭教師が派遣されます。

中学受験に的を絞った家庭教師

中学受験に特化した内容

文字通り中学受験に的を絞ったカリキュラムを進めることになります。
公立校でも中高一貫校が増えるなど、中学受験が当たり前となってきているなか、右肩上がりで増え続ける中学受験をする生徒向けの家庭教師です。

また、進学塾との併用を前提としたカリキュラムをもつ家庭教師センターや斡旋業者や、特定の中学校に的を絞ったカリキュラムを持つ家庭教師センターや斡旋業者もあります。

中学生が対象の家庭教師

基礎の重視や定期試験対策など

授業の予習復習といった補講的な内容から、中間試験や期末試験といった定期試験に的を絞った対策などのほか、もちろん高校受験対策としての授業を受けることもできます。
また、苦手科目の克服のために、特定の科目のみを教えてもらうことも可能です。

高校生を教える家庭教師

苦手科目克服から受験対策まで

中学生が対象の家庭教師と同様に、授業の予習復習といった補講的な内容から、中間試験や期末試験といった定期試験に的を絞った対策などの授業を受けることができ、また多くの家庭教師センターや斡旋業者では大学受験対策のためのコースがあります。

このほかに、進級対策や赤点対策などのコースを持つ家庭教師センターや斡旋業者もあります。

不登校の児童生徒を教える家庭教師

メンタルサポートを受けられることも

不登校だけれども学力は維持向上したい場合などに利用されることが多く、不登校の児童生徒対象とした家庭教師を派遣できる家庭教師センターや斡旋業者は多くあります。
なかには不登校の児童生徒への学習支援だけではなく、メンタルケアをメインとした対応を行う家庭教師センターや斡旋業者もあり、不登校だけではなくひきこもりやLD(学習障害)に対応している場合もあります。

家庭教師のメリット

マンツーマンによる柔軟な対応

家庭教師を利用する最大のメリットは先生と生徒が1対1であることによる柔軟な対応にあります。

学校や学習塾では一度に多くの生徒に対して授業を行うために、授業の進捗については一律にならざるを得ません。また、カリキュラムについてもあらかじめ決められた中から選ぶことになり、授業の内容や進捗度と授業を受ける生徒個人々々の学力や習熟度がかみ合っていないケースが多々あります。

しかし家庭教師による学習では児童生徒の理解度をその都度確認しながら授業を進めたり、勉強に対する意欲を持たせるような勉強そのもの以外の関わりも持つことができます。
また、家庭教師センターや斡旋業者では予め決められたコース設定がありますが、授業内容や進捗スピードについては児童生徒に合わせて行うことになり、苦手科目や苦手な項目に絞った対応や、苦手科目を克服しながら受験対策をするなど柔軟に授業を進められます。

また、決められたコマの時間に合わせなければならない学習塾などと違い、家庭教師であれば児童生徒やその家族の都合に合わせた時間に授業を受けることができます。